ai


ミユとタント イラ-1-
 このおへやには、おなかのおおきな ユ ミ おかあさんと ネコの ミ ケ がいます。
 おかあさんは、ミケにいつも こういいます。
 「 ミケ、このこがうまれたら あそんでやってね。」
 きまってミケは 「 ニャー ・ ニャー 」 と、おかあさんのことばが わかっているように
  いつも へんじをします。

それから、しばらく たちました。

いまおへやには、うまれたばかりの あかちゃんと、おなかのおおきなミケがいます。
あかちゃんのなまえを、[ ミ ユ となずけました。
おかあさんは、ミケのあたまをなでながら こういいました。
「 おまえも、もうすぐおかあさんね。きっと、カワイイこがうまれるわよ。
   そうしたら、ミユといしょに あそぶことができるわね。」

それから しばらくして、ミケに7ひきの げんきなこどもがうまれました。
おかあさんが みけネコなので、クロいこ ・ シロいこ ・ マダラなこと、
イロイロな けいろのこネコたちが うまれました。

そのなかでも いっぴきのこネコは、めのまわりがハートのかたちをしていました。
よくうごくこネコで、まえあしをあげて タントン・タントンと はねていました。
それをみていたユミおかあさんは、そのこネコのなまえを タ ン ト
にしました。
しばらくして、6ぴきのこネコたちは もらわれていきました。
のこった1ぴきは、タントでした。
あかちゃんのミユとタントは、すぐにとても なかよしになりました。

ミユが2さいになったころ、ふしぎなことが おこりました。
おへやにミユとタントが、いません。
さっきまでここにいたのに、おかあさんは あわててさがしました。
ミユも、あるくようになっていました。
そこで、おへやとまどのかぎを かけていました。
それなのに、どこへいってしまったのでしょう。

ミユとタント イラ-2 
 おかさんがまどのところにくると、おにわの
しばふで、ミユとタントがなかよく
  あそんでいるのがみえました。それをみて、おかあさんはあんしんしました。
 でも どうやって、おそとへでたのでしょう。
( そうです、むいしきにテレポートを やっているのです。 )
 おかあさんは、ふしぎなきもちで いっぱいでした。

まどをあけて、「 ミユ、どうやっておそとへでたの?」と、きいてみると。
ミユは、「 タントといっと、タントといっと。」と、こたえました。

あるひのこと おにわで、ミユがおはなしをしていました。
もちろん、タントがいしょです。
ミユのそばには 2ひきのことりさんがいて、
なにやら 「 ピィーピィピ、ピピ。」と、まるでミユに おはなしをしているようでした。
それをみていた おかあさんは、ミユがことりさんと おはなしをしているのだと、
 すぐにわかりました。とても、ふしぎです。
( そうです、むいしきにテレパシーを やっているのです。 )

まいにち まいにち ミユとタントは、いつもなかよく いっしょにあそんでいます。

ミユも3さいになり、ようちえんに いくことになりました。
あさ ミユは、「 いってくるから またあとでね、タ ・ ン ・ ト。」とあいさつをします。
「 ニャー ・ ニャ。いってらしゃい、ミユ。」と、タントはいつものへんじをします。

あるひの、ようちえんでの できごとです。
みんなで おえかきをはじめたとき、ようちえんのせんせいが あわてていました。
「 アイちゃん、ユウキくんをみなかった?」「 ミユちゃん、ユウキくんをみなかった?」
そうなんです。ユウキくんが、いなくなってしまったのです。
せんせいたちは みんなでさがしていますが、どうしてもみつからず こまっています。

まどのところに、ことりさんがやってきました。
「 ピィーピィー ・ ピ。ミユちゃん!ミユちゃん!たいへんだよ。」
ミユには、すぐにわかりました。いつもおうちで、おはなしをしていることりさんでした。
そばにいって、ことりさんに「 どうしたの、なにかあったの?」と、ききました。
「 ピィピィ。ちいさな おとこのこが、あなにおちているよ!!」
「 わかったわ ことりさん、どうもありがとう!」
( じっさいには、ことばをだしては いません。ここでも、テレパシーです。)

せんせいに、ミユはいいました。
「 ユウキくんは、あのきのそばの、あなにおちているみたい!」
せんせいたちは、それをきいて いそいでそこへいきました。

ミユとタント-3そこには、ちいさなあなが あいていました。
「 エーン・エーン、ママー!」と、ないているユウキくんがいました。
すぐにせんせいが、ユウキくんを あなからだしてあげました。

「 エーン・エーン、あなにおちちゃったの。」
ユウキくんは、せんせいにだきついて なきました。


せんせいは、あとでミユちゃんにききました。
「 どうしてユウキくんが、あそこにいるのがわかったの?」
「 ことりさんが、おしえてくれたの。」
せんせいは、「 そ ・ う。 じ ゃ あ、ことりさんに おれいをいってね。」と、いいました。

そのことをあとで せんせいは、ユミおかあさんにいうと、
「 あのこはほんとうに、ことりさんと おはなしができるんですよ。」と、
ほほえみながら こたえました。
ふしぎなことが あるものだと、せんせいはおもいました。

おうちにかえったミユは、いまもタントと なかよくあそんでいます。

br_decobanner_20110212122853⇒しかし何故、ミユはこのような能力を持っているのでしょう?
 もう一度、じっくり題名を見てみましょう!!そこに秘密が隠されています。
 そのためには、「 と 」を削除し、早口で題名を繰り返して下さい。
 タントといるとその能力は倍増します。 感のいい人は、もうすでに分かっていると思いますが ・ ・ ・ 。