ai
 
 
 我々の太陽系では、、惑星以外にも多くの天体が存在します。
 ハッブル望遠鏡以降 すばる望遠鏡などの優れた物が開発され、また、スパコン解析技術
 の飛躍的な進歩もあり、ここ近年は新発見のラッシュが始まった。
宇宙船-スノッパ号-乗船2
 ☆雪だるま王国が誇る ハイパー宇宙船、スノッパ号である。もの凄く大きく、円形30m ・ 高さ12mあります。
  ウサピンは、《 太 陽 系 3/5 》 から まだ・踊っています。いったい、いつまでかな?


こと「 太陽系 」について調べたら、各サイトによって表現方法が異なり、統一感がなく理解しにくいこれは昨今、国際天文学連合( 世界の天文学者で構成されている国際組織 The International Astronomical Union : IAU ) でも、細分化定義付けが難航している理由があるらしい。
分類を理解するのに下表が分かり易いので、参考にして下さい。ウィキペディアより抜粋 )

太陽系 天体の 分類 >  ↓ クリックで各サイトへ リンク します。↓
  恒星太 陽 


太陽の周りを回る天体

 惑星 地球型 惑星
  木星型 惑星
  天王星型 惑星
 準惑星 小惑星帯にあるもの
  ( ケレスのみ )
  冥王星型 天体
 太陽系  冥王星型天体以外の
 小天体 太陽系外縁天体
  小惑星
  彗星
  惑星間塵
 太陽以外の 衛星 ( 未定義 )
 天体の周りを 
 回る天体 


ai


   「 地球さん、行ってきます。」

   「 気をつけてね、スノパパ船長。」





    ☆ さァ みんな、地球を 出発じゃ!! 「 イェ~イ!!
宇宙船-スノッパ号-宇宙へ
   ☆ 性能は物凄く、3秒後には 地球大気圏外へ、もう この位置です。スノパパ博士は超光速航法 」を目指し
    日夜改良中であるが、現在、光の速さとほぼ同じに飛べる性能を保持している。

   : 星が沢山ある ここで、ちょい星座の勉強です。さて上に星座の「 オリオン座の三ツ星 」と「 おおくま座
        があります。分かるかな?( Hint.H文字形と四角オタマ形  )

★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★

br_decobanner_20110212122853ランキング応援 クリック 願います。



準惑星 ・ ・ ・
太陽の周囲を公転する惑星以外の天体のうち、それ自身の重力によって球形になれるだけの質量を有するもの。
現在、知られている準惑星は、冥王星 エリスケレスマケマケハウメア の5つあります。
データは、最下表を参照。

小惑星 ・ ・ ・太陽系小天体のうち、星像に拡散成分がないものの総称である。
火星と木星の間にある直径が1000km未満の岩石質小天体で、丸くないものが殆どで、40万個以上の小惑星が発見され、1万数千個に名前がついている。例として、日本の小惑星探査機 「 はやぶさ 」が軟着陸した 「 イトカワ 」があり、大きさが500m程度の小さな天体である。

イトカワの 歴史 > ・ ・ ・ 私 安目衛はてっきり、日本人が発見したものとばかり思っていました!?
1998年9月26日、アメリカ・マサチューセッツ工科大学・リンカーン研究所の地球接近小惑星研究プロジェクト( LINEAR ) により発見された。そして、
日本の小惑星探査機「 はやぶさ 」 の探査対象となり、日本がロケット開発の父・糸川英夫の名前を付けるよう命名権を持つ発見者のLINEARに依頼した。LINEARはこれを受けて国際天文学連合に提案、2003年8月6日に承認され「 ITOKAWA 」と命名された。
イトカワは、細長い楕円体に近い形状をしていると推測されていた。
幾多の困難を乗り越え、カプセルを無事 地球に届けたはやぶさ」の成果は、世界で初めて始原天体である小惑星イトカワの微粒子を極めてクリーンな状態で地球に持ち帰られたことである。この成果により、急速に太陽系の起源が解明される可能性が出てきた。


↓2003年5月9日に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」は、2004年5月に地球スウィングバイを行って加速し、2005年9月12日に目標の小惑星イトカワに到着­。2005年11月20日と26日にのべ3回の接地と1回の着陸を行いました。「はやぶさ」が撮影したイトカワの姿を紹介します。


太陽系外縁天体 ・ ・ 海王星軌道の外側を周る天体の総称である。
主に氷からなる小天体で、1000個以上発見されている。

彗星 ・ ・ ・太陽系小天体のうち、主に氷や塵などでできており、太陽に近づいたときに氷が一気に蒸発して、ガスや塵が放出されて「 尾 」ができるため「 ほうき星 」と呼ばれる。有名なものに、ハレー彗星ヘールボップ彗星がある。

宇宙船-スノッパ号-内部

   ☆ すごい超ロング・ハイパー・パノラマ画面、今日は、イトカワ行きが決定です。
   エネルギーは、空気または真空です。それにしても、信号機ボタン3つで動く宇宙船なんて、スゴ すぎ!!
   なんと言っても、時空のワープも可能だとの事です。これなら、太陽系外の銀河系旅行へ出かけられます。


☆「 太陽系シミュレータ 」で小惑星と準惑星を表示させ、内側から順に見ています。

1997年3月13日の夜明け前、東の空に見えたヘール・ボップ彗星。( スローシャッターを使用。手持ち撮影なので揺れていますが、実際には一般的な星と同様に静止して見えています。)




惑星間塵わくせいかんじん ・ ・ ・太陽系に存在する塵で、太陽系小天体でもっとも小さい物である。( 殆どはcmサイズ以下で、多くはµm(マイクロメートル)0.001mmサイズである。過去1億年以内の小惑星同士の衝突、彗星からの放出、外縁天体同士または外縁天体と星間塵との衝突により供給されていると考えられている。)この塵は太陽に向かってらせん軌道を描いて落ちていき、小惑星帯で発生した塵は1千万年以内に失われる。

衛星 ・ ・ ・惑星や準惑星・小惑星の周りを公転する天然の天体。身近なもので、がある。

イトカワ 1
「 うちゃピン ・ ウサピン ・ スノ坊 ・ 
          チッチ ・ ピッピ達!!
   もうすぐ、着星の準備じゃ、よいか?」

アイ アイサー、船長!!」、全 員。


☆ 黄色ボタンは、微速前進ですかね~?


イトカワ 2  「 あれが、イトカワじゃ。」
  わ~、ピーナッツの 大っきいのみたい!?
  「 どこへ、着星するか~なっと?
     こんなことなら、
    ページ上の Youtube を見とくんじゃった!!
     よし、あそこに 着星じゃ!!」

  「 アイ アイサー、船長!!」、全 員。

 ☆ ちょい 緊張しましたが、大丈夫!!
 そう、このスノッパ号は 自動操縦なんですね。


< 準 惑 星 の デ ー タ >  ↓ 項目クリックで各サイトへ リンク します。↓             2009年3月25日現在

準惑星名

直径

軌道半径

公転周期

会合周期

自転周期

平均密度

衛星数

( 地球を1として )

冥王星

2,274km

約59.168億km

247.74年

366.74日

6.39日

0.077

3

( 0.18倍 )

エ リ ス

約2,400km

約100億km

558.77年

8時間以上

1

(約0.19倍)

ケ レ ス

長辺975km

約4.15億km

4.6年

466.7日

9.05時間

0

( 0.08倍 )

マケマケ

最大     1,900km

約68.2億km

306.7年

0

( 0.15倍 )

ハウメア

最大長辺 2,500km

2

( 0.20倍 )


 ウサピン : 「 や~っと、着いたわ!!
       
 実際かかった時間は、3分です。やっぱ、超高速航法は無茶苦茶速いです。
        「
いったい、ピーナッツは何処にあるというの? どこ ・ どこ?」 
        「
以外と 小っちゃいわね!!向こう側 行ったら、落っこちゃいそう。

イトカワ 3
 ☆そうなんです、前回来た時、ウッカポンは「 うっかり 」 置いていかれたのです。それで、ここにいます。
 相変わらず、「 ベーダー。」 と言っています。
 雪だるまキャラの面々は、宇宙服を着ていません。それは、スペース用・イエロー・スーツを着ているからです。
⇒ イエロー・スーツを参照のこと。
< 雪だる 速報 > スノパパ博士達は、次記事で ボイジャー1号に逢いに行くそうです。
( 雪だる=雪だるま王国 )

アリス&キャスからの伝言+
☆アリス&キャス からの伝言 : 私たちのいる オアフ島に遊びに来てね。
ここらで ちょい息抜き、ハワイ旅行に、行きましょう!!  
⇒ ( URL ) Part.1~