ai


何かまた一つ、昔の子供遊びを思い出したので語ります。
ちょっと、シリーズ化したみたいですが。
鬼ごっこ・缶けり・かくれんぼ とくれば
、私達も時々やっていました。日本中で行なわれて
いた遊びたと思いますが、下町では何やら、テレビの影響で新しい遊びも誕生しました。
その頃、アメリカの番組が多く放映され、その中に、探偵物があったような気がします。番組名は忘れました、悪しからず。今も昔も、子供はすぐテレビに影響されます。
たぶん、そこで誕生したのが、これから語る「 悪漢探偵 」です。誰が作ったのかは、いまだ分かりません。やったことあります?
ウサピン逃げ スノパパ追う
  ↑ しかし、ウサピンとスノパパ、体つきが似ていません? その疑問については、次回に解説します。

悪漢探偵のルール・・・5~10人位でやる遊びで、文字通り、悪漢チーム・探偵チーム
               の二手に分かれる。探偵が悪漢を捕まえるゲームで、探偵が悪漢
               にタッチすると捕まえた事になる。全員捕まえると、交代となる。
               捕まった悪漢は、仲間にタッチされれば再び逃げる事が出来る
               逃げれる範囲は、だいたい町内400m角と決めていた。鬼ごっこ・
               缶けり・かくれんぼ の要素がミックスされたような遊びであった。
              (下町は、逃げ隠れする所が豊富で、捕まえるのが大変であった。)

探偵・・・悪漢を捕まえて、事務所に拘留する。悪漢が仲間を助けに来るのを阻止する。
悪漢・・・ひたすら隠れながら逃げる。また仲間が捕まると、探偵の隙を狙い助けるのに
     必死になった。

■ゲーム裏話・・・問題も多々あった。拘留の仕方だ、わら縄できつく縛って、タッチしても
     逃げられない状況を作った。家から、包丁を持ち出す者もいた。小さい子供は、
     泣き叫び親の元へ帰ったり、本気で怒ってケンカしてる者も多かった。自分の感
     情を素直に出す・チームワーク・弱いものを助ける事など、練習の場であった
よう
     な気がする。     
     まさに、探偵と悪漢の壮絶な戦いが、丸1日続くことがあった。
     だんだんエスカレートしていって、親に言うものが出始めて町内では禁止に
     なってしまった。今はどうか知れませんが、昔は「子ども会」というのがあり、
     そこで善悪のルールが抑制されていました。

■ルールをきちっと作り、ほどほどに行なえば面白くて良い遊びである。
■唐突ではあるが、懐かしいフレーズを思い出した 「 ○○ちゃん、あ・そ・ぼ!!」。

※ランキングに御協力イラスト(バナー)を、ポチっとクリック お願いします。→ 人気ブログランキングへ

                 ※ 拍手(文字)をクリックすると、おちゃめな ミ ク が 挨拶してくれるよ。↓↓